1階はリビングルーム、2階はダイニングルーム、3階はリーディングルーム

階層毎のデザインコンセプト、フロア別の空間演出

家づくりを起点に広がるこだわりの複合空間

Image

1F LIVING ROOM 行冊のリビングルーム

リビングルームに見立てた1階フロアに広がる、床に等高線を用いたスタイリッシュな空間。リラックスした雰囲気のなか、軽く一杯楽しんだり、打ち合わせがてら立ち寄ったり、しばし人混みから離れ独りのひと時を満喫したりと、大稻埕にお越しの際には定番としてぜひ訪れてほしいスポット。また、台湾国内で自家焙煎したコーヒー、台湾の生産農家から厳選された銘茶、台湾ならではのクラフトビールを販売しているほか、ソムリエが選び抜いた世界各地のワインも提供。

Image

2F DINING ROOM 行冊のダイニングルーム

地中海の美食体験を追求する、コンセプチュアルレストラン。ギリシャ、スペイン、フランス、イタリア南部といった、地中海に面した南欧各国のフードスタイルをベースに、野菜や果物、シーフード、雑穀類、ナッツ類、オリーブオイルなどをふんだんに用いた料理は、低カロリー且つ食物繊維も豊富。生活習慣病予防やアンチエイジングにも効果的。

Image

3F READING ROOM 行冊のリーディングルーム

座る、横たわる、寝そべる、隠れるなど、ここでは100通りにわたる自由気ままな読書スタイルが可能。都会の中に潜む、なごめる静かな居場所。騒々しさのなかにある、孤独なリズム。あのアインシュタイン曰く、「最も楽しいときは甘美な孤独とともにある」。

Image

私たちは都会の喧騒のなかで、歴史と文化によって命が吹き込まれた滋味豊かな場をクリエイトし、お客様に提供したいと願っています。

まず、リーディングルームまで上がって読書をし、静かなひと時を堪能します。外界のノイズを打ち消し、自分の思考を再整理しながら、内なる自身の声と真摯に向き合うことができます。それから、友人たちとリビングルームでワインを飲み、つまみに舌鼓を打ちます。その後、ゆっくりとダイニングルームへ移動し、優雅に食事を共にします。もしくは友人たちとリビングルームで食前のコーヒーを味わいながら、若かりし頃の夢やこれからの生き方について語り合うのもいいでしょう。或いは食事を済ませたあと、リビングルームで美酒を酌みながら、思い出話に花を咲かせ、時勢や世界について議論を交わすのも悪くありません。

「行冊walking book」に足を踏み入れた時には、疲れや悩みを捨て、人目も気にしない、世俗やルールにとらわれない、何ものにも縛られない自由、最も心地よいと思う愉しみ方をぜひ見つけてください。